カテゴリイメージ

『地域ESD活動推進拠点に登録されました』

三笠ジオパークは、平成31年3月30日に地域活動拠点施設に登録されました。

 

 北海道内のジオパークで地域ESD活動推進拠点に登録されたのは初めてです。(国内3番目)

 https://esdcenter.jp/kyoten/ (ESD活動支援センターサイトへ)

 

 ESDとは、「Education for Sustainable Development」の略称で、「持続可能な開発のための教育」という意味です。国際連合や国際連合教育科学文化機関(UNESCO)に関わる教育の在り方で、日本の学校教育・社会教育の現場ではさまざまな主体が地域や社会の改題解決に関する学びや活動に取り組んでいます。

 この取り組みは現在、文部科学省と環境省が中心となってESD推進ネットワークの構築を進めており、今回登録された活動推進拠点はこのネットワークで中心的な役割を担うことになります。

 http://www.esd-jpnatcom.mext.go.jp/about/index.html(文部科学省サイトへ)

 

 三笠ジオパークでは、これまで学校教育・社会教育における多様な取り組みを実施してきました。特に学校教育では地域内の学校と協力した取り組みのほか、道内外からの教育旅行の受け入れなどを積極的に実施し、その数も年々増加してきています。

 ジオパークにおける教育のプログラムは、「地域のお宝」を再発見・再活用し、地域の歴史や風土などの魅力を最大限に理解・活用していくものであり、ESDの掲げる「持続可能な開発のための教育」の理念と合致するものです。

 http://www.city.mikasa.hokkaido.jp/geopark/detail/00003918.html (三笠ジオパーク教育旅行関連サイトへ)

 

 今回の登録によって、ESDの取り組みをさらに充実させ、教育旅行の受け入れなど、地域内外の教育活動の充実を図っていきます。

お問い合わせ先

経済建設部商工観光課
電話:01267-2-3997
FAX:01267-2-7880

事務局 三笠市役所商工観光課内
〒068-2192 北海道三笠市幸町2番地 TEL 01267-2-3997