水道管の凍結にご注意ください!

寒さが厳しくなる12月から2月にかけて、水道管の凍結事故が起きやすくなります。
特にマイナス4℃以下になる日や、水道を長期間使用しないときは必ず水抜きをしてください。
凍結すると、水が出なくなるのはもちろんのこと、解氷工事や水道管が破裂した場合、修理費は自己負担となり、思わぬ出費となります。
また、ボイラーや湯沸し器などが凍結した場合は、器具の故障の原因になりますし、アパートなどで水道管が破裂してしまった場合は、流れ出た水により下の階の入居者にまで迷惑をかける恐れがあります。

■もしも水道管が凍結してしまった場合は
・凍結した水道管に、タオルか雑巾を巻きつけて、ゆっくりとぬるま湯をかけます。
※このとき熱湯をかけると、水道管が破裂したりヒビ割れしたりすることがありますので、ご注意ください。
・ストーブを利用し、部屋全体を暖かくする。
・それでも解けない場合は、三笠市給水装置工事指定事業者に解氷を依頼してください。

お問い合わせ先

水道課水道管理係
〒068-2192 三笠市幸町2番地
TEL01267-2-3178/FAX01267-2-7880
E-mail suidou@city.mikasa.hokkaido.jp