住宅の新築や分譲住宅、中古住宅の購入費用の一部を助成します

市では平成23年7月1日から、持ち家による市内定住の促進を図るため、住宅の新築や分譲住宅、中古住宅の購入費用の一部を助成しています。
  市内で住宅を新築、購入された方は、ご相談ください。

【助成金額】

(1)新築住宅建設費用助成金
 住宅の新築及び分譲住宅の購入費用の一部を助成します。
  ① 市民が、市内業者により建設又は購入した場合   100万円
  ② 市民が、市外業者により建設又は購入した場合      70万円
  ③ 転入者が、市内業者により建設又は購入した場合  150万円
  ④ 転入者が、市外業者により建設又は購入した場合  100万円

(2)中古住宅購入費用助成金
 100万円以上の住宅の購入費用(土地の購入費用を含む。)の10パーセント以内、上限額50万円を助成します。

※(1)、(2)の助成金額のうち、2分の1(上限15万円)までは三笠市商工会が発行する商品券で交付し、残りの金額を現金で交付します。
※みかさ共通商品券についてはこちら mikasa-mskk.web.infoseek.co.jp/shouhinken.html

【対象者】

○転入者は平成23年7月1日以降に転入し、かつ転入の日前1年間市内に住所を有していなかった方
○住宅に居住する予定のすべての方が市又は現住所地の市町村に納入する税及び使用料等を滞納していない方

【対象住宅】

○新築の場合は、居住面積が70平方メートル以上、中古住宅の場合は50平方メートル以上の住宅。
○中古住宅は三親等以内の親族以外が所有している住宅
○新築の工事着手日、又は分譲住宅及び中古住宅の契約日が平成23年7月1日以降であること。
○対象住宅を自己の居住用以外の目的に使用していないこと。
○対象住宅の居住者が所有権保存登記上の本人であること。
 

【手続きの流れ】

○住宅の新築や分譲住宅、中古住宅の購入及び所有権保存登記 → 交付申請書の提出 → 
  交付申請の内容審査 → 交付決定通知 → 交付請求 → 助成金支払い

【申請に必要な書類】

○住宅を新築した場合
 ・工事契約書の写し
 ・所有権保存登記(全部事項)の写し
 ・建築基準法第7条第5項に規定する検査済証の写し
 ・納税証明書(市内に住所がある場合は申請書の同意に変えることができます。)
○分譲住宅又は中古住宅を購入した場合
 ・売買契約書の写し
 ・所有権移転登記の写し
 ・分譲住宅の場合は建築基準法第7条第5項に規定する検査済証の写し
 ・納税証明書(市内に住所がある場合は申請書の同意に変えることができます。)
 

【その他】

○三笠市住宅建設等費用助成規則等の規定を遵守すること。
○虚偽の申請その他不正行為等により助成金の交付の決定を受けたときは、当該助成金の交付の決定を取り消し、又は既に交付した助成金の全部若しくは一部の返還を命ずることがあります。
 
※規則及び申請書類はこちら hotnews/files/00001400/00001452/20130405203740.doc 
 

お問い合わせ先

経済建設部
建設課 住宅係
TEL (01267)2-3998