【保健福祉課】感染症発生情報

●感染症発生情報(週報) 1月7日~1月13日
岩見沢保健所管内で特に次の感染症が流行しています。

■インフルエンザ 警報
「症状」高熱、悪寒、頭痛、筋肉痛、関節痛、倦怠感
「予防」飛沫感染するのでマスクの着用、手洗い、うがいをしましょう。また、十分な栄養や睡眠により、体力や免疫力を高め、感染しにくい状態を保ちましょう。
※警報レベルの感染症は、大きな流行の発生または継続する可能性が極めて高いですので、十分注意してください。

■A群溶血性レンサ球菌咽頭炎  
「症状」発熱、ノドの痛み、おう吐、腹痛、イチゴ舌(舌が腫れ、イチゴのような赤い粒々ができる)
「予防」接触・飛沫感染するのでマスクの着用、手洗い、うがいをしましょう。

■RSウイルス感染症
「症状」鼻汁、せき、発熱
「予防」接触・飛沫感染するのでマスクの着用、手洗い、うがいをしましょう。

■水痘
「症状」体幹を中心に四肢、顔面、頭部にかゆみのある皮疹
「予防」空気感染するのでマスクの着用、手洗い、うがいをしましょう。

■伝染性紅斑
「症状」両頬に紅斑が出現、皮疹は1~2週で消退

情報元 岩見沢保健所


お問い合わせ先

総務福祉部保健福祉課
ふれあい健康センター健康係
電話01267-3-2010