ガソリンや灯油の取り扱いに注意!

私たちの暮らしに欠かせない「ガソリン」と「灯油」は消防法上「危険物」に該当し、文字通り危険な物質として貯蔵や取扱いの方法について様々な規制がなされています。使用方法を誤ると火災や爆発などの大事故につながりますので、その危険性を認識し、安全な取扱いや保管方法を身につけましょう。
 
<性質と危険性>
ガソリン
灯油
マイナス40℃の低温でも気化し、
小さな火源(静電気などの火花)で
も引火して爆発的に燃焼する。
40℃以上で気化し、引火の危険
性はガソリンとほぼ同様となる。
・発生する蒸気は空気より3~4倍重く、低いところに溜まりやすい。
・容器を激しく揺らすと静電気が発生し引火の危険性が増す。
 
<取り扱いの注意>
○容器は専用のものを使用しましょう。
○セルフスタンドで自らガソリンを容器に入れることは禁止されています。
○周囲でタバコを吸う等火気の使用は絶対にやめましょう。
○給油するときは機器のエンジンを停止させましょう。
○ガソリン携行缶は、蓋を開ける前に圧力調整ネジを緩めて内圧を下げましょう。
 
<保管上の注意>
○可燃性蒸気が流出しないように蓋をしっかり閉めましょう。
○直射日光を避け、風通しの良い冷暗所で保管しましょう。

 

  ガソリン携行缶     適合品の表示    灯油用ポリタンク     適合品の表示

お問い合わせ先

三笠市消防本部
 総務予防課予防係
  TEL 01267-2-2771