カテゴリイメージ

特別展準備中!

ただいま、来月16日から開催される特別展「アンモナイトの一生」の準備が佳境を迎えております。
今回は、皆様に展示を製作する様子をちょっとだけお見せしたいと思います。



??これは一体何の展示なのでしょうか?
このままでは、アンモナイトが一列に並んでいるだけで、何を表している展示なのかよくわからないですね。
 


そこで、一度化石を撤去し、こんな巨大なボード(私の身長より大きい)を設置しました。
設置したボードの上に、先ほど撤去した化石を再び並べます。
すると・・・
 


こんな感じになりました!1億年の海の断面を示しながら、アンモナイトが、どのような場所に住んでいたのか、種類ごとに説明している展示だったんですね。
 


イボやトゲがあるゴツゴツした種類は海岸近くに、ヘンテコな巻き方をした種類はそれよりも沖寄りに、表面がツルっとした種類は海岸近くからさらに沖合いにかけてどこにでも生きていたらしい、ということが化石の記録からわかっています。

今回の特別展では、このようなアンモナイトの「くらしぶり(= 住んでいた場所、食生活、けが、誕生、死など)」を紹介します。今回お見せしたのはその展示ほんの一部にすぎません。会場では150点以上の国内外産のめずらしい化石がみなさんをお待ちしております!

さらに開催期間中には、研究員による特別展の解説や、アンモナイト研究最前線のお話もあります。詳細はこちら

今年の夏は三笠市立博物館で、アンモナイトのくらしぶりを楽しく学びませんか?
特別展「アンモナイトの一生 ―化石が語る、絶滅生物の生態―」は7月16日より開催です!
 

(研究員 相場大佑)


〒068-2111 三笠市幾春別錦町1丁目212-1 電話 01267-6-7545 FAX 01267-6-8455
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)・冬期間の祝日(12月~3月)・年末年始(12月30日~1月4日)