カテゴリイメージ

「ホネにさわろう」を開催します

7/22(土) 夏休みスペシャル展示ツアー第2回「ホネにさわろう」

 夏休みスペシャル展示ツアーと題して、当館学芸員が交代で展示室の化石をご案内するこのイベント、先週は館長が「かわった化石にさわろう」ということで、三葉虫やウミサソリなどをご紹介し、ご好評いただきました。

 それに続いて、今週末の22日(土)は、私、唐沢が「ホネにさわろう」というタイトルで担当いたします。

 私の研究としては、アンモナイト・オウムガイをメインに行なっておりますが、実は「ホネのある動物」にも結構興味がありまして、大学院生のころから、ホネを研究していた研究室の先輩や同期から、いろいろと面白い話を聞いていました。
 たとえば……

 当館の化石展示室の奥のほうで、ひっそりと展示されているコレ、いったいなんだと思いますか?

 比較のために置いたスマートフォンと比べると、ずいぶん大きいですが、コレはマンモスの下あごです。マンモスを含めたゾウの仲間は、もちろん私たちと同じ哺乳類ですが、それでは、ゾウの奥歯が何回生え変わるか、ご存知ですか?

 もうひとつ。

 これは肉食恐竜(カルカロドントサウルス)の歯です。肉食、というだけあって、まさにステーキナイフのような形をしていますが、肉食恐竜はみんな同じ形の歯を持っているわけではありません。では、もっと別の形をした歯を持つ恐竜とは、なんでしょうか……?

 こんな感じで、「日本一のアンモナイト博物館」である三笠市立博物館でも、ちょっと影の薄い存在である「ホネの化石」について、じっくり堪能していただく30分間を予定しています。
 土曜日(22日)の11時から、定員25名、先着順で受付いたしますので、皆様のご参加をお待ちしております!

 なお、第3回は29日です。この行事は8月5日(土)までの毎週土曜日に開催しております。

〒068-2111 三笠市幾春別錦町1丁目212-1 電話 01267-6-7545 FAX 01267-6-8455
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)・冬期間の祝日(12月~3月)・年末年始(12月30日~1月4日)