カテゴリイメージ

「特別展スペシャル解説」を開催します

8/5(土) 夏休みスペシャル展示ツアー第4回「特別展スペシャル解説」

 当館学芸員が交代で、とっておきの化石のお話をご紹介してきた「夏休みスペシャル展示ツアー」も、次回で最終回となりました。
 その最終回は、「特別展スペシャル解説」として唐沢が担当いたします。

 当館では、毎年7月から10月にかけて、特別展を実施しております。所属する学芸員がみんな化石の専門ということもあって、ここ最近は特別展も化石をメインにしたものが多かったのですが、今回の特別展は、今生きている動物が半分近くを占める、ちょっと異色の内容になりました。

 たとえば。


 北海道に生息する動物の代表格とも言えるエゾシカ。実は、日本の各地に住むシカは、今まさに進化をしようとしている動物なのです。そこで、北海道・本州・九州・対馬・種子島・屋久島・馬毛島に住むシカを一堂に会しました。違いがわかりますか?

 「今まさに進化をしようとしている動物」といえば。

 アンモナイトにそっくりな姿をしていることで有名なオウムガイは、今も、南太平洋でほそぼそと生きている動物です。でも、今生き残っているオウムガイは、1種類だけではないのです。よく見ると、ちょっとずつ形が違うような……?

 ついでに。

 化石の研究の歴史上、もっとも大きな発見のひとつとも言える、こんなものも(レプリカですが)間近でご覧いただく機会です。

 そんな、「特別展スペシャル解説」は、5日(土)の11時から開催いたします。事前申し込みは不要、定員25名で、先着順です。皆様のご参加をお待ちしております!

お問い合わせ先

市立博物館
電話:01267-6-7545
FAX:01267-6-8455

〒068-2111 三笠市幾春別錦町1丁目212-1 電話 01267-6-7545 FAX 01267-6-8455
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)・冬期間の祝日(12月~3月)・年末年始(12月30日~1月4日)