まちの話題

三笠市冬季避難所体験訓練を実施

2018年2月3日

拡大画像を見る

拡大画像を見る

拡大画像を見る

 3日(土)から4日(日)にかけて、三笠市民センターで三笠市冬季避難所体験訓練を行いました。
 この訓練は、一朝有事に備え普段から避難所体制を確認することを目的に昨年度から行っているもので今年で2回目になります。今回は、暴風雪で大規模停電を想定した厳冬期の避難所を体験してもらうための訓練で市民、地域防災マスターなど45人が参加しました。
 日本気象予報士会の志田気象予報士による「雪と暴風雪に関する講義」、ハザードマップに関する説明と家庭内備蓄と非常品持出品の確認、非常持出品などの展示、炊き出し訓練など、厳しい冬に起きた際の災害に対する知識を深めたほか、緊急避難の意識や考え方を学んでいました。