まちの話題

三世代交流事業第38回三笠市子ども書き初め大会

2019年1月7日

拡大画像を見る

拡大画像を見る

拡大画像を見る

7日(月)、スポーツセンターで年始めの恒例行事となっている三世代交流事業第38回三笠市子ども書き初め大会(三笠市地域子ども会育成連絡協議会主催)が開催され、幼児や小・中・高校生が会場に集いました。
就学前の幼児は「まつ」、中学生は「輝く宇宙」など学年や年齢別に課題が与えられ、一筆ごとに丁寧に作品を仕上げていました。
参加者全員の中から選ばれる書初め大賞には、三笠小6年の齋藤優杏さんの作品「北の星座」が選ばれ、見事2連覇を達成しました。
なお、18日(金)まで公民館ロビーに大会参加者の全作品を、また21日(月)から31日(木)までは三笠郵便局に書き初め大賞、優秀賞、各部門特選の作品をそれぞれ展示しますのでぜひご覧ください。