カテゴリイメージ

ジオパークって何?

大地の成り立ちから人々の歴史まで、地域の特徴をまるごと楽しむ「大地の公園」

ジオパークとは、「地球・大地(ジオ:Geo)」と「公園(パーク:Park)」とを組み合わせた言葉で、「大地の公園」を意味し、地球(ジオ)を丸ごと楽しむことができる場所をいいます。

それぞれの地域にある大地(ジオ)の上で、動植物や生態系(エコ)が広がり、その中で私たち人(ヒト)は生活して、文化や産業などを築いています。ジオパークでは、これらの「ジオ」「エコ」「ヒト」の3つの要素のつながりを楽しくしることができます。

例えば、山や川をよく見て、その成り立ちと仕組みに気づき、周囲にある自然と人間との関係を考えます。足下にある地層から宇宙まで、何千万年、何億年という遠い過去から未来まで、山と川と海と大気とそこに住む生物たちについて考えます。

ジオパークでは、最初に見どころとなる場所を「ジオサイト」に指定して、多くの人に将来にわたって利用してもらえるように保護を行います。

その上で、教育やジオツアーなどの観光に活かし、地域を元気にする活動やそこに住む人たちに地域の素晴らしさを知ってもらう活動を行います。



ジオパークの対象と活動
 
 

勝手に「ジオパーク」は名乗れない ~ ジオパークの仕組み ~

日本でジオパークとして認定されている地域は2013年12月の段階で33ヶ所ありますが、「ジオパーク」といえるようになるためには、日本ジオパークネットワークという組織に加盟する必要があります。
そして、その組織に加盟するためには、日本ジオパーク委員会の審査に合格しなければなりません。

審査の内容は、学術研究の体制、ジオサイトの保全状況、解説板、パンフレット、ガイドブックなどの整備状況、ガイドの配置状況など様々な分野に及んでいます。

認定を受ける段階でも厳しい内容の審査となっていますが、認定を受けてから4年後に再審査が行われる仕組みとなっており、ジオパークの取り組みは、継続性と持続可能な発展も求められています。
 


ジオパークの仕組み 

事務局 三笠市役所商工観光課内
〒068-2192 北海道三笠市幸町2番地 TEL 01267-2-3997