カテゴリイメージ

三笠ジオパークの指定エリア

三笠ジオパークの指定エリアは、三笠市全体です。広さは、東西29.7 km、南北24.0 km、面積は302.52 km2あり、そのうち約85%が森林となっています。札幌市、旭川市など主要都市や新千歳空港から車で約1時間の場所に位置する自然豊かな場所となっています。


三笠ジオパークの位置図
 

この地は、明治元(1868)年、幌内地区と呼ばれる場所で大地の遺産である「石炭」が発見されたことを契機に開拓された場所です。そのため、まちの形成そのものが、「ジオ」と密接に関わってきた土地であることから、三笠市全体がジオパークとして指定されています。

また、「三笠」という名は、「三笠山」に由来します。明治15(1882)年に空知集治監(刑務所)が設置された際、その裏側(北側)にある山が奈良の三笠山(現在の若草山)に形が似ていたことから、その山を当時「三笠山」と呼んでいました。

 


事務局 三笠市役所商工観光課内
〒068-2192 北海道三笠市幸町2番地 TEL 01267-2-3997