教育実習生の受入について
本校での教育実習を希望する皆さんへ


 本校での教育実習を希望するにあたり、次の内容について、お読み下さい。

 次の内容について、承諾・厳守できる場合のみ、以後の手続きを進めさせていただきます。



1.受入条件

 次の各条件をすべて満たし、教科で受入が可能な場合、受付します。

(1) 原則として、本校卒業生であること。

(2) 教員採用試験を受験する予定であり、教職に就くことを希望している者。

(3) 本校生徒に対して授業を行うに相応しい学力・見識・良識を有する人物であること。

 ※ (1)に該当しない方は、ご相談下さい。



2.受入手続き期間について

(1) 受入手続きの期間は、実習を希望する前年度の6月1日から11月30日までとし、この期間以外の受付はしません。

(2) 内諾承認に関連する手続業務は、受付完了後に開始し、内諾の可否については決定後、本人へ連絡します。



3.教育実習期間

(1) 3週間を上限とします。

(2) 原則として、5月2週目(ゴールデンウィーク明け)から7月上旬の期間の中で、該当年度行事等と調整し、設定させていただきます。



4.その他

教育実習希望者が特定の教科に集中した場合、受入の可否について、本校で審議をし、
 その結果を後日連絡します。



以上の条件をすべて満たし、教育実習を希望する場合は、【手続きのながれ】を参考に進めて下さい。

 



【教育実習希望調査票】



 「教育実習希望調査票」様式ダウンロード(excel)



【連絡・確認事項】

 ご不明な点があれば、担当者へご連絡下さい。

 問合先:北海道三笠高等学校 教頭(01267-4-2200)


【手続きの流れ】

@ 三笠高校ホームページより、「教育実習希望調査票」をダウンロードし、記入後、送付するか直接持参して下さい。



A 高校より、本人へ教育実習の受入の可否について連絡します。



B 在籍大学等より、依頼状や内諾書等を高校へ送付してもらって下さい。(本人が持参も可。)



C 在籍大学等より、作成依頼を受けた書類について、高校が作成し在籍大学等へ送付します。



D 実習を行う当該年度、4月上旬に正式な実習期間やオリエンテーションの日時など詳細を本人へ連絡します。

E 在籍大学等から教育実習に関する書類等があれば、事前に準備して下さい。



F 教育実習終了後、在籍大学等より作成依頼を受けた書類や教育実習の評価について、高校が作成し在籍大学へ送付します。

北海道三笠高等学校トップへ戻る
トップへ戻る
北海道三笠高等学校
〒068-2107
三笠市若草町397番地
電話 01267-4-2200(事務室・校長室)
電話 01267-4-2201(職員室)

(c)北海道三笠高等学校