【監査】1 監査委員制度について

 (1) 監査委員制度の概要について
   地方自治法では、「地方公共団体に監査委員を置き」、「毎会計年度
  少なくとも1回以上期日を定めて監査をしなければならない」と、監査
  の実施について義務付けられています。
   監査は、「市の行財政運営について、健全性及び透明性の確保に寄与
  し、また、事務の管理及び執行等について法令に適合し、正確で、経済
  的、効率的かつ効果的な実施を確保し、もって住民の福祉の増進と市政
  への信頼確保に資する」ことを目的として実施しています。
   わかりやすく言い換えるとすれば、
    ・ 自治体の仕事が、住民の福祉の増進に努めるために行われてい
     るか。
    ・ 最少の経費で最大の効果を挙げるよう、無駄な税金の使い方を
     したり、不適切な事務の執行がなされていないか。
  といった観点でチェックを行っています。
   このため、監査とは「不正がないかチェックすること」が目的ではな
  く、独立した第三者が様々な角度から検査し、事実を保証・評価し、利
  害関係者に伝達するために行うものであります。
 

 (2) 監査委員について
   監査委員は、地方自治法で定められる執行機関の1つで、自治体の公
  正と能率を確保するため、全ての市町村で必ず置かなければならない
  独任制の機関です。
   監査委員は、人格が高潔で財務管理、事業の経営管理その他行政運
  営に関し優れた「識見を有する者(識見選任委員)」と「議員のうち
  から選任された者(議員選任委員)」で構成され、議会の同意を得て
  市長が任命します。
   また、識見選任委員のうちから代表監査委員を選任することとなっ
  ています。
   委員の任期は、識見選任委員が4年、議員選任委員は議員の任期に
  よります。
   三笠市の監査委員は2名であり、識見選任委員1名、議員選任委員
  1名となっています。
 

   【三笠市の監査委員】   

区分 形態 氏名 就任年月日
識見選任委員
(代表監査委員)
非常勤 内 田 克 広    平成30年4月1日
議員選任委員
(市議会議員)
非常勤 谷 津 邦 夫 令和元年5月14日

お問い合わせ先

監査委員事務局
 電話:01267-2-3197
 FAX:01267-2-7880