山林や川などに行く方へ(ヒグマに関する注意喚起)

【ヒグマに出会わない】

 
 山菜採りや魚釣りなどで山林や川に入られる方は、

 〇 一人では入らず、鈴をつけたり手をたたくなど、音を出しながら歩きましょう。
 〇 薄暗い時に入るのはやめましょう。
 〇 クマのフンや足跡、食べ跡を見つけたらすぐに引き返しましょう。

 

 【それでもヒグマに出会ってしまったら】


  〇 遠くにクマを見かけたら、落ち着いて状況判断をし、クマがこちらに気づいてなければ、
  その場を静かに立ち去りましょう。
 〇 近づいてきた場合、クマから視線を離さないでください。クマの動きを見ながらゆっくり
  後退し、リュックや服などの持ち物をそっと置くことで、クマの気を引くことができます。

 ※ 大声、走って逃げる、石投げは自殺行為です。クマを刺激しないことが重要です。
 ※ 子グマの後ろには必ず親グマがいます。子グマを見つけたら、絶対に近づかず、すみやか
  に立ち去ってください。不用意に近づくと母グマの攻撃を受けます。
   子グマは生後1年半~2年半まで、大きさにして大型犬以上になるまで、母親と一緒に行
  動します。
 

 【危険なヒグマをつくらないために】

 

  〇 ゴミはヒグマを呼び寄せます。
   残飯、生ゴミなどはクマにとっておいしいごちそうです。いったんゴミの味を覚えると、
  それを目当てにゴミ捨て場に繰り返し出てきます。また人そのものに近づくようになりま
  す。
   普通のクマは人間を避けるものです。それをゴミによって引き寄せることで問題が起きま
  す。クマの被害にあわないようにするために、そしてクマが人間に近づかないようにするた
  めに、ゴミの後始末はきちんとしましょう。

お問い合わせ先

三笠市役所 経済建設部農林課農林係
電話:01267-2-3996 FAX:01267-2-2145
E-mail:nourin@city.mikasa.hokkaido.jp