【税務財政課】令和3年11月分水道・下水道料の口座振替誤りについて

 水道・下水道使用料の口座振替データ伝送の取り扱いに誤りがあり、誤った額を引き落とす事態が発生しました。
該当する皆様には、ご迷惑をおかけいたしましたことについて深くお詫び申し上げますとともに、下記の通り報告いたします。

1 概要

令和3年11月分の水道・下水道料の口座振替分3110件のうち323件の口座振替にあたり、誤って前年度の11月分の口座振替データを金融機関に送信し、11月30日に引き落としを行うという誤りがありました。

2 内容詳細(影響件数)

納入不足 310件 1,699,078円
納入還付   46件      728,083円
合  計 356件 2,427,161円

3 原因

金融機関にデータを送信する際に、データの更新をしたと思い込み、前年度のデータを更新しないまま金融機関に通知したのが原因です。

4 対応

該当者の方にお電話にて謝罪、ご説明をさせていただきますが、後日改めて謝罪及び内容の説明と今後のご案内を職員が訪問し対応する予定です。
振替金額が過大となっている方(多く納めていただいている方)には、振替口座に速やかにお返しします。また、振替金額が過少となっている方(少なく納めていただいている方)には、不足分の金額を12月の口座振替の時に12月分とは別に口座振替をさせていただくか、又は不足分の金額の納付書を発行し金融機関等で納めていただく方法を取らせていただきます。

5 今後の対策

今一度、口座振替のデータ生成の際の手順を見直し、担当者への教育、複数人での確認など、体制を強化してまいります。

お問い合わせ先

企画財政部税務財政課
電話:01267-2-3163
FAX:01267-2-7880