【企画調整課】三笠市立地適正化計画を策定しています。

 立地適正化計画の概要

 市では、令和3年度から「三笠市立地適正化計画」の策定を進めており、令和4年度末の完成を予定しています。
 立地適正化計画とは、全国的な人口減少と少子高齢化のなか、20年先・30年先を見据えて、緩やかに都市機能(=医療・福祉施設や商業施設などの生活利便施設)や居住機能の誘導などを行って人口密度の維持を図り、持続可能なまちづくりを進める計画です。
 

立地適正化計画の考え方

1 コンパクトシティを目指します。

 三笠市は、かつて人口が6万人以上であったときの規模で街並みが形成されていますが、現在の人口は8千人を下回り、20年先・30年先には生活利便施設の維持が難しくなることも予想されます。
 そのため、一定の地区内に都市機能や居住機能の誘導を図り、人口密度の維持と向上を進めていきます。
 

2 緩やかな誘導による集約を図ります。

 今、お住まいになっている方を強制的に集約することはありません。今後20年先・30年先を見据えたなかで、現在策定を進めている計画において誘導方針等を検討し、緩やかなコンパクトシティ化を目指します。
 
【コンパクトシティのイメージ】
都市機能と居住機能の集約化等を図り、持続可能なまちを目指します。

住機能誘導区域
 人口密度の維持と向上を図り、生活サービス等が持続的に確保されるよう居住を誘導する区域
都市機能誘導区域
 医療や福祉、商業施設といった都市機能を誘導・集約して各種サービスの効率的な提供を図る区域
 

主な内容

 立地適正化計画では、都市再生特別措置法や国の指針に基づいて、主に以下の事項を定めます。

1 基本的な方針

 生活利便施設の計画的配置や人口密度の維持、公共交通に関する方針、防災指針など

2 都市機能誘導区域

 日常生活に必要な誘導施設(=都市機能誘導区域内において維持すべき生活利便施設)の維持・確保を図る区域

3 居住誘導区域

 生活利便施設を維持・確保するために居住を誘導して、一定の人口密度の維持を図る区域

今後の予定について

令和3年度

 まちづくりの課題や将来都市構造等を検討したうえで、都市機能・居住誘導区域の設定方針の検討まで進めていきます。

令和4年度

 都市機能・居住誘導区域や防災指針等を検討したうえで、市議会及び市民説明等を経て、三笠市都市計画審議会に諮り、年度末の完成を予定しています。
 

お問い合わせ先

〒068-2192 北海道三笠市幸町2番地 
 三笠市企画財政部企画調整課企画係
 TEL:01267-2-3182
 FAX:01267-2-7880
 E-mail:kikaku@city.mikasa.hokkaido.jp