北海道三笠市

【福祉事務所】住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金

 新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、様々な困難に直面した方々に対し、速やかに生活・暮らしを支援する観点から、「令和3年度住民税均等割非課税世帯」及び、「家計急変世帯」に対して、1世帯当たり10万円を給付するものです。
 

1 支給対象世帯

 本給付金の支給対象世帯は、次のいずれかの世帯となります。
※住民税均等割が課税されている者の扶養親族のみで構成される世帯は支給対象外となります。
※令和3年12月10日(以下、基準日とする。)以降に、同一住所において別世帯とする世帯の分離の届出があったものは、同一世帯とみなされます。
 

令和3年度住民税均等割非課税世帯

 基準日において、三笠市に住民票を有する者の属する世帯であって、世帯全員が令和3年度分の住民税均等割が課税されていない世帯(生活保護世帯も含む。)。
 

家計急変世帯

 住民税均等割が非課税世帯以外の世帯であって、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、令和3年1月から令和4年9月までの間で家計が急変し、同一の世帯に属する全員の1年間の収入見込額が、住民税均等割が非課税相当となる世帯。
 

2 受給権者(申請者)

 本給付金の受給権者(申請者)は、上記の支給対象世帯の世帯主となります。
 

3 支給額

 1世帯あたり100,000円
※本給付金の法的性格は、民法上の贈与契約(民法549条)となりますので、行政不服審査の対象にはなりません。
 

4 申請手続き

令和3年度住民税均等割非課税世帯

(1)支給要件確認書の発送
2月中旬頃までに、三笠市から対象世帯へ支給要件確認書等をお送りします。
 
※この対象世帯とは、世帯員の全員が住民税均等割非課税である世帯のほか、未申告の者が含まれる世帯等が該当します。
※送付する住所は原則として住民登録のある住所地にお送りします。病院や施設に入院・入所されている場合は、事前に転送届などの手続きをお願いします。

(2)支給要件確認書の内容をご確認ください。
支給要件確認書等の記載内容(世帯主の氏名、住所、振込口座等)及び世帯の課税状況についてご確認の上、同封の返信用封筒にてご返送ください。
振込口座は原則、上下水道料金の引き去り口座としております。世帯主が変更になっている場合や、指定口座が空欄の確認書が届いた場合には、裏面の受取口座記入欄にご記入のうえ、当該口座の確認書類を同封してご返送ください。
 
(3)給付金の支給(振込み)
当市で返送された支給確認書の内容を審査し、振込口座に振り込みます。
お申込み多数の場合、給付までに2週間以上お時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください
※ 返送・申請期限は、支給要件確認書等を発行した日から3か月以内です。期限内に返送がない場合には、本給付金の支給を辞退したものとみなします。
 

令和3年1月2日以降の転入者が含まれる世帯

 支給対象となり得る世帯であっても、令和3年1月2日以降に転入した方(本市以外の市区町村からの転入者)が含まれる世帯には、前述の「支給要件確認書」は送付されません。
支給対象世帯の世帯主は、本ホームページよりダウンロードし、あるいは福祉事務所窓口で取得し、必要事項を記入の上、以下の書類を添えて福祉事務所に提出してください。

提出書類

(様式第2号)住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金申請書(請求書)
 

・受け取り口座の写し(原則として、申請者(受給者)名義の口座)を確認できるもの)

・転入者全員分の「令和3年度住民税非課税証明書」の写し(個人番号の記載により省略可能ですが、この場合には、転入者全員分の本人確認書類の添付が必要です。)

 

家計急変世帯

 申請・受給者の世帯主は、本ホームページよりダウンロードし、あるいは福祉事務所窓口で取得し、必要事項を記入のうえ、下記の書類を添えて提出してください。

提出書類

・「(様式第3号)住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(家計急変世帯分)申請書(請求書)

・「(様式第4号)簡易な収入(所得)見込額の申立書【家計急変者】

・「令和3年中の収入の見込額」または「任意の1か月の収入」の状況を確認できる書類の写し

・申請者(受給者)の本人確認書類の写し(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード(表面)、年金手帳、介護保険証、パスポート等の写しなど)

・受取口座(原則として、申請者(受給者)名義の口座)を確認できる書類の写し

 ※新型コロナウイルス感染症の影響によらない減収は対象外です。
※対象の方への個別通知はございません。
※非課税相当収入(所得)限度額

世帯人数
家族構成例
収入額の目安(年間)
所得額の目安(年間)
1
単身または扶養親族がいない場合
93.0万円以下
38.0万円以下
2
配偶者・扶養親族(計1名)を扶養している場合
137.8万円以下
  82.8万円以下
3
配偶者・扶養親族(計2名)を扶養している場合
168.4万円未満
110.8万円以下
4
配偶者・扶養親族(計3名)を扶養している場合
210.0万円未満
138.8万円以下
5
配偶者・扶養親族(計4名)を扶養している場合
250.0万円未満
 
166.8万円以下
障害者・未成年者、寡婦、ひとり親の場合
204.4万円未満
135.0万円以下

  ※申請期限は、令和4年9月30日(金曜日)(当日消印有効)
 

5 配偶者からの暴力(DV)等を理由に三笠市に避難されている方

 配偶者からの暴力を理由に避難している方で、三笠市に住民票を移すことができない方は、所定の手続きをしていただくことで、三笠市から給付金を受け取ることができます。詳しくは、下記のお問い合わせ先までご連絡ください。
 

6 よくある質問(Q&A)

Q1世帯とは何を基準に世帯なのでしょうか。
A:住民票上の世帯です。
Q2:世帯分離をした場合、給付はどうなりますか。
A:世帯は、基準日において判定するため、基準日後に世帯分離をしても別世帯として対象にはなりません。また、住民税非課税世帯として一度給付を受けた世帯で、その後世帯分離した場合も、再度受給することはできません。一度給付を受けた世帯に属する方を含む世帯は対象外となります。
Q3:住民税均等割が課されている方の扶養親族等のみで構成される世帯とはどのようなものでしょうか。
A:例えば、親(課税)に扶養されている大学生(非課税)や、子(課税)に扶養されている両親の世帯(非課税)などの世帯をいいます。なお、この問いに当てはまる方は、住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金に該当しませんので、ご注意ください。
Q4:窓口で手続きはできますか。
A:新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、原則、郵送手続きをお願いします。なお、家計急変世帯向けについては、電話または窓口でご相談ください。
Q5:子育て世帯臨時給付金と非課税世帯等臨時給付金は対象であれば、2つとも給付されますか。
A:それぞれの支給要件を満たしていれば、2つとも給付されます。なお、振込や手続きは別になりますので、ご注意ください。
Q6:令和3年12月10日時点で住民税非課税世帯ではなかったため、給付の対象ではなかったのですが、令和3年12月11日以降に、修正申告等により、世帯全員の令和3年度分の住民税均等割が非課税になった場合は対象になりますか。
A:修正申告等により、世帯全員の令和3年度分の住民税均等割が非課税となった場合は対象となります。この場合は、申請期限である令和4年9月30日までに本人から申し立てが必要となりますので、下記のお問い合わせ先までご連絡ください。

7 様式ダウンロード

・住民税非課税世帯に該当する世帯のうち、世帯内に、令和3年1月2日以降の転入者がいる場合
(様式第2号)住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金申請書(請求書)」と「記入例
 ・家計急変世帯に該当する世帯
(様式第3号)住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(家計急変分)申請書(請求書)」と「記入例
(様式第4号)簡易な収入(所得)見込額の申立書【家計急変者】」と「記入例

8 その他

 本給付金の制度概要などは内閣府のホームページをご確認ください。
( https://www5.cao.go.jp/keizai1/hikazei/index.html )
 

9 お問い合わせ

 三笠市役所総務福祉部福祉事務所

 電話:01267-2-3995
受付時間:午前8時30分から午後5時まで(土曜日・日曜日・祝日を除く。)
※電話番号のかけ間違いにご注意ください。
 

 内閣府コールセンター

 フリーダイヤル番号:0120-526-145
受付時間:午前9時から午後8時まで
 

10 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金を装った「詐欺」や個人情報の搾取」にご注意ください

 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金に関して、市役所や市の職員が電話や訪問等により、次のことを求めることは絶対にありません

現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすること

受給に当たり、手数料の振込みを求めること

Eメールなどを送り、URLをクリックして申請手続きを求めること

お問い合わせ先

総務福祉部福祉事務所
電話:01267-2-3995
FAX:01267-2-7880