メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

イメージ

ここから本文です。

40年越しの発見(旭川市から移住)

 
      
      素敵なお庭のお宅でした。

三笠市に来る前はどちらにお住まいでしたか?

 旭川市です。仕事の関係で、札幌市、小樽市、岩内町にも住んでいました。夫は三笠生まれで、20歳までは三笠にいました。

ご年齢とご家族構成を教えてください

 夫63歳、妻65歳の二人暮らしです。

三笠市へは、いつ移住されましたか?

 2015年6月です。

三笠市が移住先の候補になった経緯を教えてください

 定年退職を機に、便利の良い札幌市内のマンションに住むことを考えていましたが、三笠には両親が残した家があり、その頃は空き家になっていました。家を売ることも検討しましたが、すぐには売れないでしょうし、売れるまでは、どこに住んでいても、管理のため定期的に三笠へ来なければなりません。三笠にはお墓もありますし、どうしても気にかかる。それならば、住むことで管理した方が良いのではないかと思うようになり、三笠へ引っ越すことを決めました。

実際に住んでみた感想を教えてください

 三笠インターが近いので、気軽にどこへでも行けて便利です。旭川に住んでいた頃は、札幌や小樽の友人と会うのが大変でしたが、三笠へ来てからは、友人たちがよく遊びに来てくれます。札幌に住んでいる娘も、来やすくなったと言って喜んでいますよ。それから、広い庭。三笠は、庭のある家が多いですね。園芸が趣味なので、好きな花を植えられるようになって嬉しいです。スポーツ環境が充実しているスポーツセンターが近くにあるのも良いですね。夫婦でよく利用しています。花を通して仲良くなったご近所さんや、スポーツセンターで知り合った方々を含め、三笠は本当に親切な方ばかり。おかげで、友達がたくさんできました。空気がきれいなせいか、空の色が違うし、星もきれいに見えます。自然も豊か。達布山展望台など景色の良い場所もありますし、住んでみて初めて、三笠の良いところをたくさん知ることができました。

三笠市への移住を検討されている方に、アドバイスをお願いします

 三笠は雪が多いので、住まいを選ぶ時は、敷地内に雪を捨てられる場所があるかどうかを確認した方が良いです。交通については、バスをうまく利用すれば、あまり不便ではないと思います。札幌直通の高速バスがありますし、岩見沢まで行けばJRが利用できます。あちこち出かける方は、車があった方が便利ですね。

※インタビューの内容は、取材日(2016.6.1)現在のものです。
 

お問い合わせ先

企画財政部政策推進課
電話:01267-2-3182
FAX:01267-2-7880

お問い合わせ

三笠市企画財政部政策推進課

〒068-2192 北海道三笠市幸町2番地 電話 01267-2-3182

移住に関するご相談・お問い合わせ

本文ここまで

ここからフッターメニュー