カテゴリイメージ

当館の職員紹介

加納 学(かのう まなぶ)

【職  名】館長・学芸員
【専  門】古生物学(白亜紀二枚貝と糞石)

専門である二枚貝に限らず、さまざまな種類の化石に興味があります。特に絶滅してしまった生物がどのような暮らしをしていたのか、化石を調べているときにはたいへんわくわくします。皆さんもぜひこの博物館で化石の不思議に触れてください。

唐沢 與希(からさわ ともき)

【職  名】主任研究員・学芸員
【専  門】古生物学(アンモナイト)
昔生きていた生物がどのように化石になるかを明らかにする研究を「タフォノミー」と呼びます。私は特にアンモナイト化石やオウムガイの殻などを用いて古生物のタフォノミーに取り組んでいます。来館されたみなさんと化石の魅力を楽しんでゆきたいと思います。

相場 大佑(あいば だいすけ)

【職  名】主任研究員・学芸員
【専  門】古生物学(アンモナイト)
北海道~サハリンに分布する白亜紀の地層「蝦夷層群」からは、他の地域では見られない固有の異常巻きアンモナイト類がたくさん見つかっています。これらの化石を分類・記載し、北西太平洋地域における異常巻きアンモナイト類の進化を明らかにする研究を行なっています。

〒068-2111 北海道三笠市幾春別錦町1丁目212-1 電話 01267-6-7545 FAX 01267-6-8455
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始(12月30日~1月4日)