カテゴリイメージ

三笠市立博物館紀要第 5号(2001)

Bulletin of the Mikasa City Museum, Natural Science No.5 (2001)
 
価格:1,000円(消費税込) 

原著(Original article)

北海道古丹別地域の菱鉄鉱ノジュールを含む下部サントニアン階の泥岩:堆積環境と化石の保存:早川浩司
【Sedimentary environments and fossil preservation in the mudstone yielding siderite in the Upper Yezo Group (Upper Cretaceous), Kotanbetsu, Hokkaido, Japan: Hiroshi HAYAKAWA】. p1-17

大夕張地域の白亜系C/T境界の生痕化石相から見た古環境:早川浩司
【Ichnofacies and paleoenvironment of Mid-Cretaceous C/T boundary, Yubari, Hokkaido: Hiroshi HAYAKAWA】. p19-43

上部白亜系セノマニアン−チューロニアン中部蝦夷層群三笠層の浅海生軟体動物化石密集層––三笠ぽんべつダムのボーリング・コア試料:まとめ−−:安藤寿男
【Shallow-marine molluscan shell beds from the Cenomanian-Turonian (Upper Cretaceous) Mikasa Formation, Middle Yezo Group –Drilled cores for the Mikasa-Ponbetsu Dam construction in the Ponbetsu River section, Hokkaido, Japan: Hisao ANDO】. p45-49


追悼

川下由太郎氏を偲ぶ
大学に所属しなかったアンモナイト学者:早川浩司
畏友川下由太郎氏の逝去を悼む:松本達郎
化石標本の絆:前田晴良


書籍紹介

「北海道アンモナイト博物館」発刊までの10年:福岡幸一
 

〒068-2111 三笠市幾春別錦町1丁目212-1 電話 01267-6-7545 FAX 01267-6-8455
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)・冬期間の祝日(12月~3月)・年末年始(12月30日~1月4日)