カテゴリイメージ

令和2年度 自然観察講座のお知らせ(終了済み;参考掲示)

※今年度はすべて終了いたしました。来年度以降も同様の要領(実施時期は未定です)で実施する予定ですので、来年度の参加をご検討されている方は参考までに御覧ください。

三笠市立博物館では、野外に出て自然に親しみながら化石や地層について楽しく学習する「自然観察講座」を毎年開催しています。
新型コロナウィルスの影響で、例年より開催時期が遅くなりましたが、令和2年度も8月下旬から9月上旬に合計5回の開催を予定しております。なお、今年度につきましては、各回とも募集定員を例年の半分の12名としておりますので、ご留意ください。
※第1~4回と、第5回は申し込み方法が異なるのでご注意ください。


第1回講座 「アンモナイトの観察」 ※申込終了

【内容】川の中を歩きながら1億年前のアンモナイトや二枚貝の化石を観察します。北海道は国内ではもっともたくさんアンモナイトの化石が見つかる場所です。この講座では「蝦夷層群(えぞそうぐん)」とよばれる、中生代白亜紀の地層(約9千万年前)からアンモナイトを初めとしたさまざまな海の生き物の化石を観察します。アンモナイトの化石は簡単には見つかりません。頑張って一緒に探しましょう!
【日時】令和2年8月22日(土) 午前10時~午後3時頃
【対象】小学生以上(小学生は保護者の同伴をお願いします。保護者も参加人数に含みます。小学生未満は安全上の理由から同伴できません)
【定員】12名
【参加料】1人 400円。別に博物館の入館料がかかります。
【申し込み方法】8月7日(必着)までに、往復はがきにてお申し込みください。往復はがきの「往信用」に参加希望回、参加者全員の氏名、年齢(学年)、代表者の住所と電話番号を、「返信用」には返信先の住所・氏名をご記入ください。家族ごとに1枚の申し込みとします。応募者多数の場合は抽選になることがあります。参加の可否は8月15日頃までに返信はがきにて通知します。
※第1~4回の「アンモナイトの観察」の申し込みは同時に受け付けております。参加できるのはこの内の1回だけです。1枚の葉書に参加を希望する回を第4希望まで記入してもかまいません。
【備考】川の中を歩きます。後述の「服装」の項目をお読みください。


第2回講座 「アンモナイトの観察」 ※申込終了

【内容】川の中を歩きながら1億年前のアンモナイトや二枚貝の化石を観察します。北海道は国内ではもっともたくさんアンモナイトの化石が見つかる場所です。この講座では「蝦夷層群(えぞそうぐん)」とよばれる、中生代白亜紀の地層(約9千万年前)からアンモナイトを初めとしたさまざまな海の生き物の化石を観察します。アンモナイトの化石は簡単には見つかりません。頑張って一緒に探しましょう!
【日時】令和2年8月23日(日) 午前10時~午後3時頃
【対象】小学生以上(小学生は保護者の同伴をお願いします。保護者も参加人数に含みます。小学生未満は安全上の理由から同伴できません)
【定員】12名
【参加料】1人 400円。別に博物館の入館料がかかります。
【申し込み方法】8月7日(必着)までに、往復はがきにてお申し込みください。往復はがきの「往信用」に参加希望回、参加者全員の氏名、年齢(学年)、代表者の住所と電話番号を、「返信用」には返信先の住所・氏名をご記入ください。家族ごとに1枚の申し込みとします。応募者多数の場合は抽選になることがあります。参加の可否は8月15日頃までに返信はがきにて通知します。
※第1~4回の「アンモナイトの観察」の申し込みは同時に受け付けております。参加できるのはこの内の1回だけです。1枚の葉書に参加を希望する回を第4希望まで記入してもかまいません。
【備考】川の中を歩きます。後述の「服装」の項目をお読みください。


第3回講座 「アンモナイトの観察」 ※申込終了

【内容】川の中を歩きながら1億年前のアンモナイトや二枚貝の化石を観察します。北海道は国内ではもっともたくさんアンモナイトの化石が見つかる場所です。この講座では「蝦夷層群(えぞそうぐん)」とよばれる、中生代白亜紀の地層(約9千万年前)からアンモナイトを初めとしたさまざまな海の生き物の化石を観察します。アンモナイトの化石は簡単には見つかりません。頑張って一緒に探しましょう!
【日時】令和2年8月29日(土) 午前10時~午後3時頃
【対象】小学生以上(小学生は保護者の同伴をお願いします。保護者も参加人数に含みます。小学生未満は安全上の理由から同伴できません)
【定員】12名
【参加料】1人 400円。別に博物館の入館料がかかります。
【申し込み方法】8月7日(必着)までに、往復はがきにてお申し込みください。往復はがきの「往信用」に参加希望回、参加者全員の氏名、年齢(学年)、代表者の住所と電話番号を、「返信用」には返信先の住所・氏名をご記入ください。家族ごとに1枚の申し込みとします。応募者多数の場合は抽選になることがあります。参加の可否は8月15日頃までに返信はがきにて通知します。
※第1~4回の「アンモナイトの観察」の申し込みは同時に受け付けております。参加できるのはこの内の1回だけです。1枚の葉書に参加を希望する回を第4希望まで記入してもかまいません。
【備考】川の中を歩きます。後述の「服装」の項目をお読みください。


第4回講座 「アンモナイトの観察」 ※申込終了

【内容】川の中を歩きながら1億年前のアンモナイトや二枚貝の化石を観察します。北海道は国内ではもっともたくさんアンモナイトの化石が見つかる場所です。この講座では「蝦夷層群(えぞそうぐん)」とよばれる、中生代白亜紀の地層(約9千万年前)からアンモナイトを初めとしたさまざまな海の生き物の化石を観察します。アンモナイトの化石は簡単には見つかりません。頑張って一緒に探しましょう!
【日時】令和2年8月30日(日) 午前10時~午後3時頃
【対象】小学生以上(小学生は保護者の同伴をお願いします。保護者も参加人数に含みます。小学生未満は安全上の理由から同伴できません)
【定員】12名
【参加料】1人 400円。別に博物館の入館料がかかります。
【申し込み方法】8月7日(必着)までに、往復はがきにてお申し込みください。往復はがきの「往信用」に参加希望回、参加者全員の氏名、年齢(学年)、代表者の住所と電話番号を、「返信用」には返信先の住所・氏名をご記入ください。家族ごとに1枚の申し込みとします。応募者多数の場合は抽選になることがあります。参加の可否は8月15日頃までに返信はがきにて通知します。
※第1~4回の「アンモナイトの観察」の申し込みは同時に受け付けております。参加できるのはこの内の1回だけです。1枚の葉書に参加を希望する回を第4希望まで記入してもかまいません。
【備考】川の中を歩きます。後述の「服装」の項目をお読みください。





第5回講座 「白亜紀二枚貝の観察」 ※満員につき申込終了となりました。

【内容】1億年前の浅い海底に堆積した「三笠層」とよばれる地層から、二枚貝化石の観察を行います。岩はとても固いですが、化石は豊富なので誰にでも見つけることができます。
【日時】令和2年9月6日(日) 午前10時~午後3時頃
【対象】小学生以上(小学生は保護者の同伴をお願いします。保護者も参加人数に含みます。小学生未満は安全上の理由から同伴できません)
【定員】12名
【参加料】1人400円。別に博物館の入館料がかかります。
【申し込み方法】8月25日(火)午前9時より電話(01267-6-7545)にて受付。定員になり次第締め切り。
【備考】日当たりのよい場所で観察を行うので、かなり暑くなる場合があります。飲料水を忘れずにご用意ください。後述の「服装」の項目もお読みください。       


 

持ち物

昼食(野外で昼食をとります)、飲料水、軍手、防虫スプレー、リュック、古新聞(化石同士がこすれて傷つかないように化石を包むために使用)、岩を割るハンマー(頭が金属製の丈夫なもの。頭がプラスチックやゴム製のものは全く無力です。化石の入っている岩はとても固く、小学生程度の方には割るのが困難です)など。なおハンマーはレンタルもしています(1本100円)。天候によっては雨合羽などもご用意ください。
手に荷物を持っていると転びやすくなりますので、荷物はすべてリュックの中に入れてください。岩をコンビニ袋に入れて運ぶ方もいますが、コンビニ袋は容易に破れるので注意してください。しばしば、袋が破れて中身が落下してしまった、という事態が発生しています。
※観察地は山の中なので、売店や自販機、トイレ(約3時間トイレにいけません)などはありませんのでご注意ください。また、アブなどの虫が多く発生していることもありますので、体質等の理由で、虫に過敏な方は、事前に十分にご留意ください。

服装

動きやすい服装。虫や木の枝、岩の破片などから肌を守るため、長袖、長ズボン(ひざやすねを露出していると虫さされや、ケガの原因となります)を勧めます。日差しをさけるため帽子も必要です(第5回はヘルメットを着用します。ヘルメットは当館が用意します)。
靴について、第1回~第4回「アンモナイトの観察」は川の中を歩く(最も深い場合で大人の膝くらい)ため、ぬれても良い靴や、長靴が必要です。ただし当日の川の水位が高い場合、長靴では丈が足りないこともあります。特に、子供用の長靴は丈が短いので、水位にかかわらず、ほぼ確実に水が入ってしまいます。動きやすさの観点からも運動靴を推奨します。運動靴を着用する場合は、くるぶしと、川の中を歩くときに靴の中に入りがちな小さな石から足を護るために、靴下の着用も勧めます。サンダルなど、一部でも足の露出する履物はケガをするおそれがたいへん大きいため、絶対に避けてください。また、川に入る際に、服が濡れるのを避けるために、ズボンの裾をまくりあげる方が散見されますが、ズボンの着用理由は足の保護のためですので、まくりあげることなく、潔く川に入りましょう。
靴について第5回は、足元に岩がごろごろしている場所で活動を行います。運動靴など歩きやすい靴を着用願います。(水の中には入りません)。
※野外活動時にはマスクは不要ですが、事前レクチャーや、移動のバスの中、クリーニング体験など室内空間ではマスクを着用してください。


講座スケジュール

以下におおよそのスケジュールを示します。なお当日の天候・気温等の理由で、スケジュールが変更になる場合があります。

10:00 集合(遅れないように願います。定刻に行事を開始します)
10:00~10:30
 レクチャー(注意点や当日観察する化石に関する説明等)
10:30~11:00 現地へ移動(博物館で用意するマイクロバスに乗ります)
11:00~13:30 化石観察(12時ころ昼食。昼食は現地でとります)
13:30~14:00 現地から博物館へ移動。帰館後小休憩(必要に応じて各自着替え等をしてください) 
14:00~15:00 化石クリーニング(化石のまわりについている余分な石を取り外す作業)
15:00 解散予定

※現地へ向かう際は、昼食、飲料水、道具などを忘れずにお持ちください。着替えなどは、現地から館に戻ってきてから行えますので、現地に持参する必要はありません。各自の車などに残しておいてください。また貴重品以外であれば、現地に行っている間、館に置いておくこともできます。

     


そのほか

この行事で、地層や化石の観察に立ち入る場所は、普段化石採集が禁止されており、今回は教育普及目的という理由で、関係省庁に許可を申請して入林します。また、本講座の主目的は、地層や化石の観察が主となっておりますので、自然保護の観点からも化石採集は最小限に留められますことを予めご理解ください。
なお、講座前日や当日の天候、川の水位等の状況によっては、野外へ行くのを取りやめ、室内行事に切り替える事があります。また、場合によっては講座自体を中止することがあります。どちらの場合も、参加者の方には当日朝の7時ごろより、順次当館より電話にて連絡をいたします。従いまして、この講座をお申し込みの際に、記載または申請する電話番号は、当日の朝、確実に連絡ができる番号をお知らせ願います。

ご不明の点は下記の連絡先にお気軽にお尋ねください。皆様のご参加をおまちしております。
  

お問合せ先

三笠市立博物館
【TEL】01267-6-7545  【FAX】01267-6-8455

〒068-2111 三笠市幾春別錦町1丁目212-1 電話 01267-6-7545 FAX 01267-6-8455
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)・冬期間の祝日(12月~3月)・年末年始(12月30日~1月4日)