カテゴリイメージ

当館展示中のアンモナイト12標本の3Dデータが見られるようになりました

 10月15日が「化石の日」に制定されたことを記念して、日本古生物学会がクラウドファンディングで支援を募り、2019年にウェブページ「異常巻きアンモナイト3D化石図鑑」を制作しました。『異常巻きアンモナイト3D化石図鑑』

 このウェブサイトでは、CTスキャンにより取得された全国各地の博物館に所蔵されている異常巻きアンモナイト化石の3Dデータが公開されており、このうちの12個体は当館で展示中の化石です。博物館に直接来られない方も、当館が誇る貴重な異常巻きアンモナイト化石の一部を3次元的に観察できるようになりました。



(「異常巻きアンモナイト3D化石図鑑」のトップページ)


3Dデータの公開に併せて、当館で展示している実物化石12標本の横に、ウェブページ「異常巻きアンモナイト3D化石図鑑」上の3DデータにアクセスできるQRコードを設置しました。


これにより、3Dモデルを回転させることでケースの外からは見られない標本の裏側部分を観察することができたり、拡大することで殻表面の細かい装飾の特徴を確認することができます。ケースの中に展示されている実物化石の質感と合わせて3Dデータをご覧いただくことで、きわめて複雑な形状をした異常巻きアンモナイトの魅力を、より一層お楽しみいただけるようになりました。


ぜひ当館にお越しの際には、お手持ちのスマートフォンで、まるで手のひらの上で回すようにいろんな角度から3D化石を眺め、実物化石とのバーチャルの両方から展示を楽しんでいただければと思います。

〒068-2111 三笠市幾春別錦町1丁目212-1 電話 01267-6-7545 FAX 01267-6-8455
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)・冬期間の祝日(12月~3月)・年末年始(12月30日~1月4日)