まちの話題

幼保連携型認定こども園三笠まつばの杜の竣工式

2020年3月3日

拡大画像を見る

拡大画像を見る

3日(火)、幼保連携型認定こども園三笠まつばの杜で竣工式(学校法人松田学園主催)が行われました。
幼保連携型認定こども園とは、ひとつの施設内に幼稚園と保育所の両方の機能を持つ施設で、三笠まつばの杜は、4月1日に、幼稚部45人、保育部90人を定員として開園されます。
竣工式には、渡辺孝一衆議院議員などのほか西城市長も出席し施設の完成を祝いました。
木造2階建の園舎は、床や廊下、窓など、これから入園する子どもたちに配慮されており、子どもたちの入園を待ちわびているように輝いていました。
なお、予定されていた内覧会は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐよう中止となりました。